G-Callご紹介制度(紹介者番号の入力不要)
G-Call

G-Callの音質は固定電話並み

ビジネスでは高い音質が求められる

ビジネスで携帯電話を利用されている方にとって、音質はとても気になる部分ですよね。

いくら繋がりやすくて回線が安定していたとしても、肝心の音質が音がこもっていたり、ハウリングして響いて聞こえたりしたらどうでしょう。

「おたくの会社、〇〇を扱っていたよね、fじゃjふぁkふぁふぁljk?」

「え?恐れ入ります、聞き取りづらかったので、最後の方もう一度おっしゃって頂けますか?」

「だから~、ふぁkjfdj;かlf」

「ゴメンなさい、今なんとおっしゃいましたか?」

「…。もういいよ、他に頼むわ」ガチャ

「………」

ハハ…(汗)。これはかなり極端な例ですが、いつも聞きづらい電話では、とてもじゃないけど怖くてビジネスでは使い物になりませんよね。

果たしてG-Callの音質は大丈夫なのでしょうか?

G-CallはIP電話ではない

まず初めにお伝えしたいのは、G-CallはIP電話ではありません。IP電話ではない…という事は、通信にインターネットを利用していない…という事です。

IP電話は格安、あるいは無料で通話できるのが最大のメリットですが、音質…という面ではかなり問題を抱えていると言っていいと思います。

気の置けない友人や、家族、アットホームな(笑)会社内の社員同士での通話ならIP電話でも別にいいかもしれません。しかし、IP電話はインターネットの状況次第でかなり音質が劣化する事があります。

IP電話の例で分かりやすいのはLINE通話ですね。LINE通話はLINEが世に出た当初に比べればだいぶマシになってきてますが、まだまだ電子的な声で聞こえてきたりする事がままあります。

G-Callは回線交換型タイプの通話

IP電話じゃなければなんなんだ…という事ですが、G-Callは回線交換型の電話です。

なんじゃそりゃ?…と思われたかもしれませんが、難しく考えないでください。要するにG-Callは普通の固定電話とほぼ同じ音質である…という事です。

そしてブツブツ切れる事も少なく回線も安定しています。これならビジネス利用でも問題ありません。

日経トレンディでもオススメされたG-Callの音質

いくら私が

「G-Callの音質は安定してるし、とてもイイよ~」

と言っても、どこの誰か分からない私の言う事などなかなか信じてもらえないかもしれません。そこでちゃんとしたメディアでの評価をご紹介します。

2018年現在ですと少し前の記事になってしまいますが、日経トレンディ2014年4月号の「音質徹底比較」という特集記事で、『G-Callが「ベスト」』という評価を頂きました。なかなかの良記事で、ネット版もまだ残っているのでリンクを貼っておきます。ぜひご覧ください。

まとめ

G-Callは音質、回線安定度の面からも自信を持ってオススメ出来ます。

G-Callと同じ回線交換型の似たようなサービスに登録すれば誰でも利用できるタイプで「楽天でんわ」「DMMモバイルのDMMトーク」、その会社のSIMを使っていたら契約できるタイプで「BIGLOBEモバイルのBIGLOBEでんわ」「U-mobileのU-CALL」「みおふぉんダイヤル」などがあります。

私はLINEモバイルで格安SIMを使って、G-Callを登録・利用しているので、正直に言って他の会社のサービスについては分からないのでどうこう言えません。

ただ、楽天だったらどうしても「サポート面」が気になります。あまり悪口を言いたくはありませんが、楽天のサービスって全般的に、契約したあとって解約しづらかったり、サポートも外部のサポート業者に委託してるようなイメージがあって、個人的には積極的に関わろうとは思いません(※完全に個人の勝手なイメージです)。

G-CallならG-Callのスタッフが直々に携わっているのでサポート面ではとても優秀で親切ですよ。

G-Callのサポートは手作り感満載で好印象G-Callのサポートはあくまで私個人の印象ですが、とても良いですよ。今回はG-Callのサポートについてです。 G-Call...