G-Callご紹介制度(紹介者番号の入力不要)
G-Call

G-Call0063発信と006751発信の使い分け

G-Callを使うには、プレフィックス番号と呼ばれる数字を電話番号の前につける必要があります。

当記事では、2種類あるプレフィックス番号の使い分けについてご説明しています。ぜひご覧ください。

G-Callには2種類の発信方法があります

2016年までのG-Callは0063発信のみでした。しかし、この0063発信では携帯電話から固定電話への発信では相手にこちらの電話番号通知が出来ない仕様になっていました。


以前の仕様でも、携帯同士ならば、普通に携帯電話を利用しているのとなんら変わりがなかったので、通話相手先も携帯電話がほとんどだ…という方にはG-Callは使いやすいサービスだったと思います。

しかし、仕事で携帯電話を利用している方のケースを想定してみると、電話先が企業の固定電話だ…という場面も多いと思います。

もし相手先企業がナンバーディスプレイサービスを利用したら、番号非通知で掛けてくる電話に対して

怪しい…
どうせセールス電話だろ、出るだけ時間のムダ

という先入観が働いて、電話に出てもらえない可能性が高かったと思います。

企業なので、番号非通知でも出てくれるところもあったとは思いますが、事前に番号通知されていれば、相手も

(あ、この番号は取引先の〇〇〇さんだから、うちの営業の〇〇さんに繋げばいいな)

という素早い対応が可能です。

対等の関係であればまだ問題はないでしょうが、コチラが営業をかける側だったり、お得意様に対して電話を側だったとしたら、番号非通知で電話したらコチラの印象がかなり悪くなってしまいますよね。

私がどこかの企業に勤めていて、番号非通知で掛けてくるような電話でそれがセールスだったり、営業だったりしたら、

(番号非通知で掛けてくるようなところの営業なんてロクなもんじゃない)

…と感じたと思います。

長々と番号非通知のデメリットを説明してしまいましたが、とにかく、この「G-Call発信携帯→固定電話には非通知になっちゃう」問題は、G-Call最大のマイナスポイントでした。

ビジネスシーンでのG-Call利用に大きな壁があったと言っても過言ではありませんでした。

G-Callで固定電話にも番号通知が完全対応になった

そんな中、2017年1月、G-Callから大きな発表がありました。

G-Call発信で携帯電話から固定電話への通話にも番号通知が可能になりました!

という内容でした。具体的にはG-Callアプリを利用するか、相手固定電話番号の前にあるプレフィックス番号を付けて発信すれば、相手先が固定電話でもこちらの携帯番号が通知される仕様になったのです。

しかし、当初その方法には欠点もありました。ソフトバンク系の通信会社の携帯・スマホからは利用出来なかったのです。

しかし2018年5月21日にさらなる改善が行われ、新しいプレフィックス番号006751※をつけて電話をすれば、全ての通信会社の携帯・スマホから、固定電話への番号通知が可能になったのです。※ただし、ダイヤルする場合は発信は相手先番号の先頭の0を省く必要があります

G-Callの0063発信と006751発信の使い分け方法

ついにG-Call最大の問題がクリアされたのです。

これでこれまでネックになっていたビジネス利用でも、そしてソフトバンク系のスマホ・携帯電話からでもG-Callをバンバン利用できますね。固定電話への番号通知が出来なくて、G-Callへの登録をためらっていた法人の皆様、おめでとうございます。

ぜひG-Callへの登録は当サイトからお願いします(笑)。

G-Callご紹介制度(紹介者番号の入力不要)G-Callご紹介制度 G-Callにはご紹介制度があります。 これは紹介者(当サイト)、紹介された方(この下にある申込...

006751発信は相手先番号の先頭の0を省く必要アリ

しかし、この006751発信、一点だけ唯一最大の注意点があります。

006751発信は相手先番号の先頭の0を省く必要があります。

例えば

例)
03-6711-****へ通話する場合
006751-3-6711-****

東京だから本来なら03となるところの0を抜かないといけないんだな

となります。

なにやら分かりづらいですね…。でも、ご安心ください。G-Callアプリを使えば問題ありません。

最新バージョンのG-Callアプリを利用すれば、自動的にこの面倒くさい「相手先番号の先頭の0を省く」作業をしてくれます。ですから、G-Callアプリを利用して固定電話に発信すれば、簡単に006751発信に対応できますよ。

画像で分かりやすくG-Callアプリの紹介(006751発信対応)このエントリーではG-Callアプリの使い方をご紹介します。 G-Callのアプリは既存の連絡帳の使い方とほぼ同じなので違和感は少...
私はG-Callアプリじゃなくて、iPhoneの電話帳から電話したいんだけどな~

…という方もいらっしゃるでしょう。そういう方も申し訳ありませんが、最初の一回だけはG-Callアプリから電話をしてください。

G-Callアプリ利用の電話でも、iPhoneの電話履歴には番号が残ります。

その006751*****が載った番号をクリックして、iPhoneの電話帳に追加入力すれば、簡単にiPhoneの電話帳にも記憶できますよ。

まとめ

相手先番号の最初の0を除く作業は、手入力ですと間違えやすいので、少なくとも最初の一回はG-Callアプリを利用した方が無難かな…と思います。

いつもG-Callアプリでいい…という方は、毎回G-CallアプリでももちろんOKです。

iPhoneの電話帳が使いたかったら最初の一回はG-Callアプリで電話して、履歴から006751で発信した番号を電話帳に追加入力して、次からはiPhone…というように使えばいいかなと思います。

G-Callアプリを上手く使えば、ストレスはありませんよ