業界最安値10分かけ放題864円

G-Callの「10分かけ放題」は業界最安値

G-Callの「10分かけ放題」オプションは864円(税込)です。これは格安携帯SIM業界の最安値です(2018年5月現在)。

「10分かけ放題」比較 2018年5月版

G-Call 864円(税込)
ヤマダモバイル 864円(税込)
NIFMO 896円(税込)
イオンモバイル 918円(税込)
OCNモバイルONE 918円(税込)
DMMモバイル 918円(税込)
LIBMO 918円(税込)※1
mineo 918円(税込)※2
LINEモバイル 950円(税込)

ご覧のとおり、G-Callは1位タイ。見事「10分かけ放題」オプションの業界最安値です。

同じ864円のヤマダニューモバイルは正直なところ、かなりマイナーな業者さんですよね。G-Callならば通信会社を選ばず、あなたの好きな格安SIM業者を使いつつ、G-Callの「10分かけ放題」オプションが利用できます。

仮に今後格安SIM業者を変更したとしてもG-Call、ならびにG-Callの「10分かけ放題」オプションはそのまま利用出来ます。

どこの通信会社でも利用可能で864円(税込)のG-Callの「10分かけ放題」オプションは事実上の業界最安値だと言って差し支えないかなと思います。

※1 2018年5月現在、12ヶ月間324円(税込)で「10分かけ放題」が使えるキャンペーン中。ただしLIMBOの音声SIM契約が必要。その他料金プランがゴチャゴチャして分かりづらいです。

※2 G-Callと同じプレフィックス番号のため、G-Call加入者はmineoでんわには加入できない

G-Callの「10分かけ放題」は他の通信業者を利用していても利用可能

私自身、2018年5月現在、自分のスマホの格安SIM業者はLINEモバイルの音声通話SIMを利用中です。しかしLINEモバイルの「10分かけ放題」オプションは950円(税込)と割高です。そこで「10分かけ放題」はLINEモバイルではなく、G-Callの「10分かけ放題」オプションを利用しています。

LINEモバイルに加入していても、G-Callの「10分かけ放題」オプションを使ってもいいの?…というかちゃんと使えるの?…と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、なんにも問題ありません。これ、特に裏技でもなんでもなく、もちろん何かの違反行為でもありませんのでご安心くださいね。

あわせて読みたい
G-Callの10分かけ放題は税込みで864円、LINEモバイルの10分かけ放題は税込みで950円価格表記には税込みと税抜きがある 今(2018年5月現在)の価格表示って「税抜き」や「税込み」がゴチャゴチャになっていて分かりづらいで...

G-Callはどこのキャリア・格安SIM業者と契約していても併用可能

G-Callはもともとプレフィックスと呼ばれる電話番号の前に0063を入力して利用するサービスです。電話番号の前に0063の後に任意の電話番号を入力すればG-Call利用として認識されるわけです。

ですから、どこのキャリア・格安SIM業者(※3)を利用していてもG-Callの「10分かけ放題」を併用する事が可能なのです。LINEモバイルだから、LINEモバイルの「10分かけ放題」を利用しなくてはいけない…なんて縛りは別にないのですよ。

知ってる人には当たり前のこの制度ですなのですが、使ってる業者の「10分かけ放題」サービスを利用しなくてはいけない…と思い込んでらっしゃる方もいるようです。そんな事はありませんのでご注意くださいね。

G-Callの「10分かけ放題」は通常のG-Callと同様、IP電話などではなく通常の固定電話回線と同様の音声品質で通話もクリアです。

※3 mineoでんわを利用されている方は、プレフィックス番号が同じのために併用出来ないそうです。ただ、10分かけ放題の価格はG-Callの方が安いので、通常回線はmineo、かけ放題に関してはG-Callを使ったほうがお得ですね。

あわせて読みたい
「OCNでんわキャリアフリー」より「G-Call 10分かけ放題」の方がお得です全てにおいて「G-Call 10分かけ放題」の方が上 ふとITメディアという大手のネット関連サイトを見ていたら、2018年3月28日付...